こんなに見違えるモールディング実例集【ビフォーアフター】

モールディングとは、⽇本語で「造作材、縁取り」などと呼ばれ海外の住まいにはよく⾒られる家づくりアイテムになります。モールディングを取り⼊れることでインテリアに彩りが加わり、お部屋を広くそしてグレードアップしてくれる効果があります。[ビフォアアフター]でその効果をご紹介いたします。

モールディングとは?

室内に使われるモールディングは”⼱⽊、廻縁、ケーシング”などがあります。床や天井と壁の取り合いに施されたり、ドアや窓の周りを縁取る家づくりアイテムになります。

モールディング例


例えば上記画像の部屋には、天井と壁の取り合い部に使われています。モールディングには「縁取る」という意味もあり、まさしく部屋がぬくもりある木で縁取られていますので重厚感が増しさらに全体に広く感じられます。

ビフォーアフター3つの実例

モールディングは天井と壁の取り合い部である廻縁だけでなく、ドアや窓廻りに施すケーシングもまた縁取りの効果でワンランクアップの住まいが叶えられます。

[ビフォア例①]


上記画像はリフォーム前のダイニングです。シンプルですがどこか味気ない感じがします。

[アフター例①]


そしてこちらがアフターになります。窓の周りはケーシングで縁取られ外の景色が一枚の絵画のようにダイニングルームをグレードアップしてくれています。巾木も以前より幅広のものが使われており、ケーシングとつながり広がりが出たように見えます。

[ビフォー例②]


こちらはすでにアフター①と同じようなモールディングが施されています。

[アフター例②]


キッチン横の壁面だけが赤系の色に塗装されました。近年壁色をブルーやイエローなどホワイト以外の色を選ぶことが増えていますが、単に壁色を変えるだけでなくそこにひとアクセントとしてモールディングがあった方が断然おしゃれ度がアップすることがおわかりになる例だと思います。

[ビフォー例③]


暖炉を中心にシンメトリーに窓が配置されているリビングルームです。

[アフター例③]


こちらもアフター②のように、壁色がホワイトではなく黄系の色にそしてフローリングも少し濃い目の色にリフォームされました。天井と壁の間の「廻縁」、窓の廻りの「ケーシング」そして床と壁の間の「巾木」と縁取られています。これらがあることで縦や横へとデザインが強調されるのでお部屋に広がりが生まれましたね。

ショールームで実際に体感してみませんか?


こちらでご紹介した⼱⽊、廻縁、ケーシングはハウディー横浜展⽰場でご覧いただけます。他にも、輸⼊建具、輸⼊サッシ、フローリング、階段材、内外装をはじめとする洗⾯などのオリジナル建材も展⽰しておりますので、⾒て、触れて、動かして体感してみてください。
スタッフ⼀同、皆様のご来場をお待ちいたしております。

ショールーム詳細情報

住所:神奈川県横浜市都筑区中川1-4-1 ハウスクエア横浜No.6
TEL:045-509-1977 Open:AM10:00〜PM6:00 休館⽇:日曜日、月曜日
最寄駅:・横浜市営地下鉄ブルーライン 中川駅より徒歩2分・駐⾞場200台完備
備考:諸事情により予告なく休館する場合もございますので、事前にお電話にてご来場予約頂けますと幸いです。

ハウディーホームページはこちら

カタログダウンロードはこちら